買い取り専門店のフランチャイズってどういうもの?

低コストでの開業が可能

フランチャイズといえば、コンビニエンスストアや居酒屋などがチェーン展開を行う際の経営手法としておなじみですが、最近ではいろいろな業態で導入が進んでいます。その1つが買い取り専門店です。
買い取り専門店とは、客が持ち込んだ貴金属やブランドバッグ、中古家電などを買い取り、リユース業者に卸すことで収益を上げる店舗ビジネスです。ビール券や商品券などの金券ショップは以前からよく知られていましたが、現在では取扱品目が大幅に増えています。
フランチャイズ方式による買い取り専門店は、比較的低コストで独立開業ができるとして注目を集めています。売るべき商品は客が持ち込んでくれるので仕入れの手間や在庫リスクがありませんし、店舗の内装費も飲食店などに比べると低額で済みます。また、3坪程度の小さなスペースでも開業できるので、ランニングコストも節約できます。

豊富な情報で経営をサポート

もちろん、買い取り専門店をまったくの独力で開業することも可能です。しかしフランチャイズ方式には、本部からのバックアップという大きなメリットがあります。
買い取り専門店を成功させるコツは、どれだけたくさんの品目を扱うことができるかにかかっていると言われています。というのも、引越し時に不用品をまとめて処分したいなどといったニーズにワンストップで対応できる方が顧客が付きやすいからです。
独力で開業する場合、品目が増えるにしたがって買い取り価格の相場情報を入手するための手間が増えてきます。しかしこの手間を惜しむとうっかり高値を付けてしまい、利益が出なくなることもあります。
しかしフランチャイズであれば、本部が情報収集をサポートするため、その店に初めて持ち込まれた商品であっても適正な査定を行うことが可能になります。