忘れずに確認しておくべき!収支保証の有無

初期投資を取り戻せるかどうか

新たにビジネスをしようとするとき、少なからず初期投資が必要になります。インターネットビジネスなどでは比較的投資額が少なく済むものもありますが、一般的なお店などを開業しようとすればいろいろなコストがかかります。お店などの運営では個人で一からすべて行う方法とフランチャイズを利用する方法があります。フランチャイズを提供する会社と契約をし、初心者でも運営がしやすくなる仕組みです。この時収支保証があるかどうかがあります。いくらフランチャイズと言ってもいきなり目標の売上や利益が得られるとは限りません。収支保証は一定の利益を継続的に与えてくれる保証になり、これによって初期投資分を取り戻せるかどうかの計画が立てやすくなります。

収支保証が大きいと本社の指示も強くなる

フランチャイズとしてよく知られるのはコンビニです。それ以外にもスーパーであったり不動産会社、その他のサービスなどでもフランチャイズの仕組みは取られます。経営者は個人や会社などが行いますが、それとは別にフランチャイズの本社があります。フランチャイズでは、単に名前などを貸すレベルのものもあれば、運営のほとんどに関わりを持ってくるものもあります。契約の時に収支保証の割合の話が出るかもしれません。経営者側が選択できるときもあります。収支保証が大きい時は、本社の指示が強くなり経営者の判断などがあまりできなくなります。一方収支保証が少なかったりない時には、名前を借りる程度で経営者がいろいろな判断をして経営ができます。