フランチャイズってどんなもの?フランチャイズの基礎知識

仕組みをすでに持っているのが特徴

フランチャイズでお店を開く場合には、すでに仕組みを持っているため最初からフランチャイザーに任せておけば基本的なことはすべて行ってくれます。お店を開店する前の準備の段階で一番苦労するのが、お店のデザインや商品の搬入そしてチラシの作成になります。これらを準備するだけで、かなりの時間がかかってしまうでしょう。場合によっては1年近くかかってしまうことも少なくありません。
ですがフランチャイズの店を開く時には、事前準備に関するものはすべてパッケージ化されているのがポイントになります。そのため、無駄な時間を使うことなくフランチャイザーとフランチャイズ契約をしてからわずか2カ月から3カ月程度でお店を開くことが可能です。

コンサルティングも行う

フランチャイズ契約を結んだ場合には、お店の準備も重要になりますがお店がスタートしてからも様々な点でサポートをしてくれます。お店がスタートし、すべて順調にいけば問題ありませんが、実際にはさまざまな問題が起こる可能性があります。お店の店主にとって死活問題となるのは、赤字が続いた場合です。現実的に新規開店の店は、最初の数カ月で赤字になりやすい傾向があります。
この点、フランチャイズ契約をしている場合には、最初から名前が通ったお店を開店することができますので、赤字の期間が短くなるのが特徴です。また、売り上げが伸びないときにはコンサルティングも行ってくれ、適切な営業方法を教えてくれます。これにより、早い段階で黒字に転換することが可能でしょう。