まったくの初心者が新規事業を始める方法

初心者でも始められるフランチャイズ起業の魅力

新たに起業をするには、ビジネスアイデアや創業・運転資金、事業計画などが必要です。しかしビジネスアイデアやまとまった事業資金がないまったくの初心者でも新規に事業を始めることは可能です。その代表がフランチャイズ起業です。フランチャイズとは、すでに事業を展開しているチェーン企業と契約を結んで加盟店となり、商品やサービスを販売するビジネス形態です。チェーン企業が持つブランド力やノウハウをそのまま活用することができますので、新たに商品やサービスを開発したり、試行錯誤しながら知名度を上げたり販売のノウハウを積み上げるといった苦労はありません。チェーン企業にはフランチャイズを育成するノウハウがありますので、経営者はすでにある商品の知識や経営の方法を学べばいいわけです。一方、期待通りの売上げが得られない場合、ロイヤリティを支払うと儲けがほとんどなくなってしまうケースもあり、始める際は十分な検討が必要です。

フランチャイズ起業を成功させるポイントは?

メリット、デメリットを併せ持つフランチャイズ起業ですが、軌道に乗れば2店舗、3店舗と事業を拡大し、接客などの業務は従業員に任せて社長業に専念することも可能です。ひと口にフランチャイズといってもコンビニエンスストア、飲食店、学習塾、清掃業、チケットショップ、コインランドリーなど業種は多岐にわたります。まずは自分にの興味のある分野から情報を収集してみましょう。中小小売商業振興法ではチェーン企業に対し、加盟希望者への書面による事業内容や契約内容の説明を義務付けています。ロイヤリティをはじめ契約内容を十分に把握し、今後の見通しを十分に検討したうえで契約するかどうかを判断しましょう。店舗の立地条件や同業他社との競合、事業の将来性なども十分に吟味することが成否を分けるポイントになります。